つきぢ田村
ジャンル:和食
<ミシュラン><ZAGAT><有名店>

 

 

 

P2050002

 

 

【築地】つきぢ田村 ふくしま復興支援イベント 「ふくしま食の魅力創出」

ALOHA 旅行と食べ歩きがだいすきです♪ @kaukauhawaiii   大川綾香(AYAKA)です★

 

 

この度、ふくしま復興支援イベント 「ふくしま食の魅力創出」にて
憧れのお店、つきぢ田村さんへ行ってきました。

場所は築地。
駅からすぐにあります。

この日の会場は広い畳の部屋にて開催されました。

■2月:雪中野菜と煮込み料理 〜ふくしまのもどき料理〜
・5日(水):つきぢ田村(田村隆シェフ)

というイベントです。

P2050005

P2050004

こちらのイベントは
【ふくしま食の魅力創出 ~Proスタイルで料理もっと楽しく~】
と言うタイトルのもと、
福島の食材を使い、首都圏のシェフがその食材を使い、復興支援をしている食のイベントです。

1500円で食べられます。
かなりお得なイベントです。

この日は数種類いただくことができました。

 

P2050003

 

メニューです。
●エゴマ豚の角煮もどき、ヨーグルト仕立て
●福島牛サーロイン、林檎みぞれ酢
●馬肉のづけ握り
●トマトの沢煮椀 山形屋仕立て

 

P2050006

飲み物
●榮川 大吟醸 榮四郎
http://www.eisen.jp/website/index.html
1998~2002年 – 金賞受賞(5年連続)
2003年 – 銀賞受賞
2004~2006年 – 金賞受賞(3年連続)
2007~2013年 – 「最高金賞」受賞(7年連続)

●純米旨口「蔵太鼓」華酒造場
●ゆず酒(ほまれ酒造)
http://www.aizuhomare.jp/

 

 

●エゴマ豚の角煮もどき、ヨーグルト仕立て
あつあつのお鍋で、ホウレンソウ、ニンジンが入っていました。
この人参の味付け具合がすごくおいしかったです。
ヨーグルト感はあまり感じられず、ヨーグルトが苦手な方でもわからないような感じでした。

P2050014

 

 

●福島牛サーロイン、林檎みぞれ酢
柔らかい牛肉になんとりんごのすったものと酢が混ざっていて
最初大根おろしかと思ったらりんごでびっくりでしたがお肉にとてもよく合いました。

P2050013

 

 

●馬肉のづけ握り
柔らかく甘みのある馬肉のお寿司でおいしかったです。
づけ感がちょうどよく何個でもぱくぱく行けちゃう系でした。

P2050012

 

 

●トマトの沢煮椀 山形屋仕立て
野菜たっぷり入ったお椀でした。
細かく野菜が切っており、豚肉との相性もばっちりボリューミーなお椀でした。
味付けは濃いめかな?と感じました。

P2050016

 

●日本酒
●榮川 大吟醸 榮四郎
●純米旨口「蔵太鼓」華酒造場
●ゆず酒(ほまれ酒造)

私はこの中で「ゆず」が一番飲みやすかったです。
これはお酒の弱い私でもぐいぐい行けちゃう系でした。

P2050017

 

 

 

この日は60名ものイベントでしたので
通常の接客ではなかったと思います。

なかいさんは着物をきた方たちでした。
普通の時にぜひ行ってみたいお店です。

シェフとも写真を撮っていただきました☆

 

 

=====================
つきぢ田村
「お店情報」
住所:東京都中央区築地2-12-11 田村ビル
電話:03-3541-2591
営業時間:土・日・祝11:30~22:00
月~日11:30~15:00 17:00~22:00
アクセス:築地駅徒歩1分
食べログ:http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13002310/
ぐるなび:http://r.gnavi.co.jp/tamura/
HP:http://www.tsukiji-tamura.com/
======================

 

 

 


大きな地図で見る

 

 

詳細コピペします。
【ふくしま食の魅力創出 ~Proスタイルで料理もっと楽しく~】

さわやかな秋晴れの日が続く中、こちら福島県の会津では街を歩くと
キンモクセイの香りを感じるようになりました。
首都圏の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

9月30日より福島の食フェアが都内の以下の店舗で順次開催されております。
日頃から福島を応援してくださっているシェフの方々のお料理
や、福島県の食とお酒をぜひお楽しみ下さい♪

また、食のフェアでは生産者も参加し食品の現状や安全性に対する取組み、
食材そのものの魅力をお伝えいたします。
ご家族やご友人をお誘い合わせの上是非ともご参加ください。
何卒よろしくお願い申し上げます!!

【概要】
このたび福島県では、福島県産食材の安全性に対する取り組みや食材の魅力を
知って頂くため、福島県を応援いただいているシェフのご協力を頂き、
9/30より来年の2月まで15回にわたり交流会を東京都内にて開催します。

【申込先】
1.福島応援シェフHP http://fukushima-ouen-chef.jp/form/
2.【FAX】0242-93-9368【e-mail】order@a-foods.jp
※FAX、e-mailでお申込みの方は、添付画像を確認のうえお申込みください。

【参加費】
1,500円/参加者1名様に付き
※可愛いお土産も準備してお待ちいたしております。

【体制】
主催:福島県
実施:東北博報堂 ・ 会津食のルネッサンス

 

 

 

 

 

Related News

Share

About Author

(0) Readers Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です